人の運命

2005.03.07

 本当は、NECDirectでクーポン利用で103000円で購入した、Athlon64のLavieGのレビュー記事でも書こうと思ってたんですけど、また、後回しです(^^;) パソコンとしての総合性能、AV的な音質・画質面など、ほぼ全てでLavieGのほうが上回っていますが、相変わらずノートのメインはnx9005です。nx9005にも不満が無いからでしょうね。多分。

 基本的に、『運命なんかクソくらえ』な人で、人は自分で自分の人生を切り開く物と考えてきて、今もあまりその考え方には変わり無いのですが、今年に入って、そして、ここ何年かをあらためて振り返ってみて、”生かされている自分”と言う部分のウェイトを軽んじてはいけないなと感じています。逆に言えば、『お前ごときが自分で見えてる部分で何をやっていると言うのか』などと、もしかしたら叱咤されかねないのかも知れないな。などと。

 ”人は一人で生まれてきて、そして一人で死んでいく”とはよく言われますが、生まれるにも原因があって、ご縁があってで、本当は一人で生まれてきたような物では無いんですよね。先祖や亡くなった者へ恥ずかしくない生き方をしないと、とは思っていますが、自分が知らない者ですら、自分の中で生きているのかも知れないな。などと。

 若い頃は、『そんな物は自分には無い』と、徐々に覚悟を決めていったかのような生き方を、長くしていたように思いますが、それも過ぎてみれば、”与えられた試練”のような物で、また、幼い頃のように、そんな風に思ってみるのもいいのかもな。なんて、ふと思ったりしています。

まぁ、なるようになるもんです。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

30114989
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)