格安ノートパソコン Desknote A929 Combo

2003.01.12

ノートパソコンとして使うデスクトップパソコン(?)で、有名な格安ノートパソコンのDesknote(デスクノート)シリーズのコンボドライブ搭載のA929comboを購入しました。Desknoteは、ショップによっては、入荷待ちなどもあり、注目されている格安ノートの割には、ネットで詳しく紹介しているサイトが少ないようで、情報も少なく感じましたので、ユーザーの視点でレポート風に紹介したいと思います。
因みに、i-Buddieブランドも同一品と思われます。(定かではありませんが… 参考: i-Buddie A929)

 ※本記事掲載の2003年1月時点において、以下のスペックでの有名メーカーのブランドノートパソコンの販売金額は、一般的には20〜30万円程度と思われます。スペックも様々で、単純な金額のみの比較はできませんが、それらと比較し、今回紹介するDesknoteは明らかに格安ノートパソコンと言えると思われます。

■Desknote A929comboスペック・購入金額など紹介

 購入したA929comboの簡単なスペック紹介です。DesknoteはECS製のベアボーンですので、組み立てられてノートパソコンとして販売される場合、販売店によって、CPUやHDD,メモリーなどの仕様は異なります。

コンボドライブ搭載格安ノートPC ECS Desknote(デスクノート) A929combo
スペック
CPU AMD AthlonXP1700+
Chipset Northh SiS740/South SiS961
Display 液晶TFT15インチ XGA(1024x768)
HDD 30GB ATA100 富士通製 流体軸受け(?)
MEM DDR256MB
DVD コンボドライブ(CD,DVD,CD-RW/R) 
その他詳細 Elite A929combo(日本語ページ)
購入金額
129800円 送料・税別 購入店 マウス
※DeskNoteは多数のBTOパソコンショップで販売されていますが、仕様は異なります。
※購入店では、TFT液晶が標準の14インチでは無く15インチです。値段は更に安くなっている場合があります。仕様は変更される場合があります。

 

■Desknote A929combo到着。開封。インスール

 
Desknote A929 combo:よくある手提げ付きのノートパソコン梱包のダンボールケース  連休、祝日などを挟んだので、注文から、約2週間かかって到着。普通にコンパックなどのノートと同じ感じの手提げ方のダンボールケースでペリカン便で配送されて来ました。
Desknote A929 combo:漆黒のデザイン  見た目のデザインは普通のノートパソコンで、最近のブランドPCメーカー製からすれば、やや見劣りするが、触るとありきたりなプラスチック製と言う安物的な感じは無く、質感が良い。逆に、高級感すら感じる。(ビジネスマンが持つクラシックなアタッシュケースと言う感じでしょうか。あまり流行に左右されないオーソドックスなデザインです)
 持つと、15インチ液晶のノートパソコンとしては、実に軽い。当たり前だが、バッテリー非内臓なので、軽い。
Desknote A929 combo:裏面 特殊な道具不要で開閉可能なのは助かる 裏面は、プラスドライバ1本で、蓋は全て空ける事ができる。中央にはファンがありますが、非常に静音です。
Desknote A929 combo:背面 背面:ほぼ標準的な仕様です。IrDA(赤外線)があるのは、最近のノートでは珍しく、今では特徴的と言う所でしょうか。
Desknote A929 combo:側面 "DVD"の文字が目立つ 側面:コンボドライブとUSB2.0コネクタが4つある
Desknote A929 combo:キーボード面 シンプルです  USB2.0が4に、赤外線もついてるが、カードが使用できないので、無線LANでの利用は、必然的にI/Oデータなどから販売されている、 USBの無線LANアダプターを利用する事になると思う。デスクなどで固定的に、直でLANケーブルやモデムに繋ぐ環境の人や、ネットを利用しない人なら特に問題無い。
 キーボードは標準的な日本語106キー。左上にあるファンは、常時回っているが、音は比較的静か。
Desknote A929 combo:添付品 添付品には、Sケーブルも標準添付。すぐにTVにも繋ぐ事もできる。
Desknote A929 combo:添付品の一部 ドライバ類のインストールはユーティリティーソフトを実行するだけで良い。比較的簡単 添付品の一部。初心者用にマウスオリジナルの説明書がついていたが、Desknoteに関する説明は殆ど関係無かった。
Desknote A929 combo と Compaq Evonote N1015v Compaqの14インチ液晶のEvonote(写真右がEvonote,左がDesknote)とサイズの比較してみる。大差は無い。
Desknote A929 combo と Compaq Evonote N1015v 厚みの比較 同様に厚みを比較してみるが、やはり大差は無い。上がEvonote,下がDesknote
Desknote A929 combo と Compaq Evonote N1015v 液晶画面サイズの比較 同様に液晶のサイズを比較してみる。やはり、液晶画面はDesknoteのほうが大きい

 『は、速いっ!』
まづ、電源を入れて動作確認、BIOS迄の起動時間が速い。
Desknote A929 combo AMI BIOSのメニュー画面 CompaqのEvonote N1015v(XP1500+搭載機)を通常使用しているが、この立ち上がりの感覚は、デスクトップに近い。ノートパソコンらしからず、BIOS画面の表示から始まる。

左写真はBIOSのメニュー画面。クロックアップもとりあえず、可能だ。

 とりあえず、動作確認の為に、Windows98SEをインストールしてみる事にする。実際の利用は、当初はWindowsXP辺りになると思う。
通常通り、Windows98SEのCD-ROM挿入で、HDDのフォーマット開始。DOS上で30GBなので、時間がかかる。
CDからインストール開始。コンボドライブの高速回転の振動が直に指に伝わる。
画面上の文字が甘い。フォーカスがぼけて滲んで見えるが、未だインストール途中のVGA互換画面なので、そう言う仕様なのだろう。Windowsインストール、及びビデオカードのドライバをインストール完了後が問題だ。今は読めれば良い。(とか書いてるけど、ホントは若干不安…(^^;)
Desknote A929 combo Windows98SEインストール後の画面  付属ユーティリティのインストールも全て完了。所要時間、約1時間。画面も解像度をXGA(1024x768)にすれば何ら問題無くシャープ。画質は普通のTFT液晶クラスだろう。気になっていたドット欠けは全く無かった。また、コンボドライブは、CD-ROMの読み込み時のみ、振動が発生する。DVD再生時は、全く感じない。ひとまづ安心。

 左写真のように、液晶画面は、180度倒して使う事も可能。液晶横に並べておいてあるのは、電源ユニット(AC/DCコンバーター)

■Desknote A929combo トラブル発生

ただ、ここで問題が発生。画面の色を詳細設定で変えようとしたが、Gamma Collectのメニューが無い。止む無く、パネル内のビデオ設定で輝度,コントラスト設定をするが、再起動後ハングアップ。ドライバ類を添付CD-ROMから再インストール、ハングアップ。

 とりあえず、N1015vのXPProを共有設定にし、LANのクロスケーブルで繋ぎ、Desknoteの最新ドライバを落とす事にした(普通に、ルーターに繋げばいいんですけど… 冬はコタツから出たく無いですから… ハイ。横着者な私です(^^;)

そこでおかしい事に気がついたんですが、ディスプレイアダプタがSIS650になっている。添付ユーティリティーのバージョンが古かったのか、ショップが間違えたのか? ともかく最新ドライバを落としてインストール。何事も無かったかのように、正常に動作。漸く、目が疲れづらい色設定にできる。(尚、添付ソフトは、購入したショップは、連絡すれば交換して貰えるが、面倒なので今回はダウンロードした)

■A929comboでDVDを観る。

 ともかく、コンボ搭載のノートは初めてなので、まずは手元にあったスパイダーマンのDVDを再生。卓上シアターの出来上がり。画質は液晶TVと遜色無い感じ。普通。尚、音質は良くない。ノートパソコンだから、当たり前だが。添付ソフトがWinDVD(しかも2001年度版)だったので、性能の良いDVD再生ソフトの特価販売品をチェックしようかと思う。バルク品で1000円以下だから、安いものかなと。何はともあれ、コンボドライブ搭載ノートが人気の理由を身にしみて実感した。

 続けて、TVに繋ぐ。S端子出力でテレビでDVDプレイヤーとして使って見る。画質は全く遜色無い。と言うか、ブラウン管だけあって、液晶よりも発色が綺麗に思える。特に肌の色が良い。普通にDVDプレイヤーとしても使えそうだ。但し、リモコンは無いけれど… 将来的に、潰しも利くと言う感じで保険と言う事で。因みに、TV画面でXGAクラスでWindowsをするには、ブラウン管の解像度が高くないと字が潰れて無理かなと。VGAなら何ら問題無いですが。

■Desknote A929combo ベンチマーク結果

 簡単にベンチマーク結果を紹介します。比較の対象として、EvonoteN1015vの結果も掲載しますが、N1015vは搭載OSがWindowsXPProなので、或る程度はアバウトに見て下さい。また、毎回思いますが、ベンチマーク結果と体感速度は別物です。今回の場合、A929はベンチマーク結果以上に速く感じるように思われます。

以下で利用したベンチマークテストは、無料パソコンソフトで無料で入手できます。

いづれも、特にクロックアップなどせず、標準状態1回計測。ベスト値ではありません。但し、メーカー出荷状態では無く、常駐ソフトなどもある、通常使用、実使用状態で計測しています。結果からの考察としては、そんなに激重の3Dゲームで無いなら、ゲームも利用もOKじゃないでしょうか。実務、マルチメメディア再生ならば申し分無い速さですね。

■HDBench 3.30

Desknote A929 combo
Processor AMD Athlon 1460.23MHz[AuthenticAMD family 6 model 8 step 0] 
Name String AMD Athlon(tm) XP 1700+
VideoCard SiS 740 Resolution 1024x768 (16Bit color) 
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw  
33560 59148 71496 22062 30204 34706 57
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
41309 44723 9895 502 20496 19779 61401 C:\100MB

参考:32bit(1600万色時) VideoCard SiS 740 Resolution 1024x768 (32Bit color) 
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw  
31405 59148 71473 20313 30095 33975 57
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
27172 28528 9298 237 20553 18781 59430 C:\100MB

Evo N1015v
Processor AMD Athlon 1324.39MHz[AuthenticAMD family 6 model 8 step 0] 
Name String Mobile AMD Athlon(tm) XP 1500+
VideoCard Mobility U1 Resolution 1024x768 (16Bit color) 
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw  
19417 55694 68252 14743 21958 28654 30
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
28152 27952 9173 387 17996 13614 2363 C:\100MB

■3DMark2001SE

Desknote A929 1432
Evonote N1015v 1209

■Superπ 104万桁

Desknote A929 1分21秒
Evonote N1015v 1分35秒

■オマケ:起動速度

Desknote A929
1:電源ONの後Windows98のログインの画面が出る迄26秒
2:Win98SEなので休止状態は未サポート ※OSをWIndowsXPなどにすれば休止状態利用可
3:スタンバイからの復帰 0〜1秒
Evonote N1015v
1:電源ONの後、WindowsXPProのログインの画面が出る迄35秒
2: 休止からの復帰 17秒
3:スタンバイからの復帰 0〜1秒

■A929 細かい特長、気がついた点

■静音性

音、騒音と言うか、静音性と言うか、ノートパソコンとしては、若干、音が目立つが気になるほどでは無い。XP1700+搭載なので、高温を発する(筈)なんですけど、排気口に手を当てても、冷ややかで、ファンは常時回ってますが、かなり静音で、殆ど気になりません。
HDDも富士通製の流体軸受けドライブも模様で、これもほぼ無音状態。
コンボドライブは、CD-ROMを使う時は、(高速ドライブなので)振動がする程ですが、DVD再生時はほぼ無音状態です。
唯一、音が気になるのは外付けの電源ユニット(AC/DCコンバータ)内臓のファンですが、ノートから50センチも離せば、全く気にならない程度の音になります。

■キーボード

堅牢かどうかは知りませんが、ガンガン打っていける感じがするキーボードで、ペチャペチャ感が少ないので、個人的には好みです。又、最近のノート同様に、音量の大小や液晶画面の明暗などもキーボードで行えます。

■内臓マイク

これも、最近のノートの傾向でしょうか。メッセンジャー利用やネット電話で役立ちます。

■ライティングソフト

CD-R/RWの添付ライティングソフトは、NTIのCD-MAKER2000。デザインこそあまり良く無いが、B'sRecorderと操作性などは良く似ている。レスポンスも良く、試しに510MBのデータを16倍速でCD-Rに書き込んでみた。所要時間、約5分20秒。ノート内臓CD-R/RWにしては速いと思う。

■A929 まとめの感想

 やはり、”デスク・ノート”の名前の通りになりますが、ノートの形をして、ノートとして使う、デスクトップパソコンと言う所でしょうか。
CPU交換が可能ですので、液晶が駄目になるまで、比較的長く使えるノートだと思います。(現時点では、XP2100+まで公式対応) 
ともかく、ノートらしからぬ速さは心地よいですね。あと、幾分かインターネット(ブラウザ)のレスポンスも速く感じます。

お勧めできない方
カードを使いたい方。FDD,バッテリーが標準装備で無いと困る方。
音質にこだわる方(基本的にノートPCですから、音質は… 外付けの高級スピーカーを買うなり、コンポにつなげば問題無いですが)
画質にこだわる方。(標準的なTFT液晶画面では駄目と言う方にはお勧めできません。シートを貼ればもう少し綺麗になるかも知れませんが…。なんだかんだ言っても、発色はブラウン管のほうがいいです。)
パソコンは超初心者と言う方。(メーカーブランドPCでは無いので、親切丁寧に教えてくれるサポートセンターは無いです。でも、”難しいパソコン”でも無いです)

お勧めできる方。
格安で高速・高性能なノートパソコンが欲しい方。
あまり、ノートを持ち歩かない人。移動させた場所にコンセントがある人。(バッテリーはオプションで、非内臓です)
多少自作経験がある人。安いデスクトップの部品が交換可能で、ハイエンドから流用もOKです
OSを選びたい人。複数のOSを自分でインストールしたい人。

■最後に Desknoteを買った理由

 ノートパソコンを最初に購入したのは、十数年前。確か、i286搭載の富士通製のノートパソコンで、HDDもCD-ROMドライブも搭載して無いのに、当時20万円以上したと思います。(それでも、相場からすれば、格安で購入したと思います) それから、今まで、基本的に、なんだかんだ言っても、殆ど家の中かコンセントのある場所でしかノートパソコンって使わないんですね。確かにバッテリーは”保険”ですけど、その保険が効力があった事って、あまり無いし、どちらかと言えば、屋外でも使ってみたいから、”無理やり”的にバッテリーで使った事もあります。
また、最近のノートの利用の仕方は、デスクトップ並に音楽,動画再生など、マルチメディアでの利用や、無線LANでの利用が多く、バッテリー消費が激しい為、最初から内臓電源には、期待して無いと言う所です。ですので、まづバッテリー非内臓である事は何も問題ではありませんでした。(と言うか、滅多に使わない重いバッテリーを内臓し、更にその分割高になるのなら、バッテリーは要らないと言う所です)

 次に、これが一番の理由ですが、”潰しが色々と利く”事です。格安、高性能である事と同じ位に重要なウェイトを占めています。通常ノートパソコンのように、何もいじれない。OSもアップグレードのみで、クリーンインストールが難しい。と言う困難さも無い訳です。(リカバリーしか無いノートで、例えば、XPや2000server搭載機を、軽量なWin98にするとなれば、かなり骨が折れるのでは…)未確認ですが、Desknoteは、一部のLinuxにも対応している模様ですので、将来的にサーバーとしての利用も考えられます。
そして、何よりCPUが置き換えられるのが最大のメリットです。ハインド機のCPUを交換すれば、ハイエンドのCPU→DesknoteのCPU→ローエンドのCPUと交換されて、全てのマシンのパワーアップが、結局、激安でできる事と、ハイスペックな性能を維持できて、長く使えるノートである事が最大の魅力でしょう。

 あと、”おたわごと”になるかも知れませんけど、これがこれからの”デスクトップパソコンの形”になるかも知れないなぁ〜などと、ふと思ってたりします。速く、高機能化するだけが進化じゃ無いですからね。ゆくゆくは、標準化を期待して…

※1:I・Oデータ販売のUSB対応無線LANアダプタには、多彩な種類があるが、中には、超小型の WN-B11/USBSもあり、低消費電力&USB特有の扱いやすさ、機動性から、PCカードタイプよりも魅力的と思われます。当方もこれを利用して家庭内無線LANでインターネット接続をしています。目下の所ネット通販では、uWorks,clevary,Tukumo などで格安で購入できます。

※このページは、2003/04/07移行に部分的に書き換えられています。

激安パソコン・格安パソコン

激安ノートパソコン・激安デスクノート 激安格安販売サイト集

参考:Desknote販売店 マウス VSPEC STORM FAITH Y2PC
※A929ベアボーンを購入して自作ノートを作製される方は、現時点ではFAITHが最も格安の模様です


無料サイト集 Kooss.com run 記

 


15060092
BACK

リンクはご自由に(LinkFree)

Desknote A929
格安パソコン
編集室

編集室


激安格安販売


無料サイト集